ロイ

久しぶりにロイを描いた!
いただきもので満足していたけれど、自分で描いたのも資料的な意味でも置いておかねばと思って。


roi5-.jpg

20歳の大学生になったロイ。
描き始めは16歳の少年だったのに、大人になったものだなあ。
ロイはイケメンではなくて普通っぽさがウリ。
礼儀正しくて外面は良いけど、中身はめんどくさがりやな素朴青年。
初対面の人には穏やか爽やか青年で、仲良くなるとただの肉好きめんどくさがりなボケ男、その実態はただの自己中な強くなりたいバカ。
ジャラヒと居る時が歳相応。
シアンやルウィンと居るときは素でジャイアン。
恋人のシアンちゃんに対しても、表面上はめんどくさいとか言って、旗から見ると冷めてるんだけど、ふとノロケたりとか、ふたりきりの時はでれでれに甘えたりとか。ツンデレではないけど掴みにくい男であります。

絡まってる蛇は、黒いのがウロボロスで白いのがケツアルカトル。
ウロボロスは攻撃と、異界移動するときの手助けをしたりします。
ケツアルカトルは乗って移動したりとか、防御面で助けたりとか、サポート面他で色々活躍。
キラキラ光る鱗がモザイクみたいになっていて、股間当たりにいると危険。
両蛇とも、実体があってそこにいるというより、ロイが魔力で固定しているので、出たり消えたりします。
ロイは人使いが荒いので、遠くにあるコーヒーとか本とか取るのにも使っている様子。
スポンサーサイト

tag : 岸辺ロイ

2014-02-04 : 登場人物 : コメント : 0 :
Pagetop

【人物】ダリア

物心ついたときから、暗殺者として組織で育てられた少女。
依頼を受け、殺しをする職業暗殺者。
殺した後、遺体の上に桜の花びらを置くことから、業界ではコードネーム黒桜と呼ばれている。
任務としての殺しは顔色も変えずにやってのけるが、任務でないときに殺しはしない主義。
任務以外では心優しいとも言える少女。
だが、ぶっきらぼうで、人とのコミュニケーションに慣れていない。
基本はいつも冷静だが、褒められたり、好かれるとテンパる。

ワートン総帥(ジャラヒの父)に借りがあり、彼からジャラヒの護衛を頼まれ、ジャラヒを探していた所、リオディーラに会い、彼女に連れられて、7期にブリアティルトに来た。

【これまでの軌跡】
元の世界では、暗殺者黒桜として、殺しを生業とした組織に所属している。
ワートン財閥総帥からの依頼で、ブリアティルトにいるジャラヒを護衛しろと言われ、ジャラヒを探す。
リオディーラに会い、ブリアティルトに。
・7期
ワートン総帥の依頼で、ジャラヒの護衛を務める。
冷静沈着非情な男と聞いていたのに、そうとは思えないジャラヒに戸惑いつつも、彼とドロシーをサポートする。

・8期
ワートン総帥に報告するため、元の世界に戻る。
ワートン総帥が、なぜジャラヒの護衛を言ったのか謎なため、ジャラヒに、「次に会うときは、護衛の依頼で来るのか、殺しの依頼で来るのか、それとももう来ないのか、わからない」と言って去る

・9期
「ジャラヒを殺すかどうか、見極めるために、ジャラヒを試しに来た」と言い、ブリアティルトに帰ってくる。

・10期

dalia.jpg
daria4.jpg

daria3.jpg
daria.jpg

いただきもの
ライラさんより

続きを読む

tag : ダリア

2013-08-24 : 登場人物 : コメント : 0 :
Pagetop

【人物】ドロシー

ジャラヒの元乳母にして現メイド。
子どもに目がない。10年以上前から今の格好と同じ格好をしている。年齢不詳。
その正体は、慈愛しかプログラムされていない、古代の遺産。子守人形。
護ることに力を発揮するが、攻撃性をプログラムされていないので、人を傷つけることができない。
ジャラヒぼっちゃんの幸せを願っている。
各地を転々とメイドしていたらしく、色んな所にかつての主人やぼっちゃんがいるとか。

7期に、リオディーラに呼ばれてブリアティルトに来た

【これまでの軌跡】
7期 リオに呼ばれてブリアティルトに。
メインキャラとして、ジャラヒに仕えつつ、ダリアと三人で赤雫☆激団で過ごす。
6期までは、きままな赤雫☆激団だったが、彼女の『近所のおばちゃんパワー』で、赤雫☆激団として周囲に認識されるようになった。近所づきあいの大切さを一同は学ぶ。

8期は、こっそり助けてくれというロイの依頼で、ロイ(16歳)を影から助けるために、大家さんとして赤雫☆激団本拠地を、ロイたちに貸した。
表立っては出てこないが、たまに家に来て、彼らの食事や掃除をしている。

9期は、ジャラヒのサポートをするために、サブとして赤雫☆激団に戻っている。

meido.jpg
mini-meid.gif

tag : ドロシー

2013-08-24 : 登場人物 : コメント : 0 :
Pagetop

【人物】ジャラヒ・ワートン

ジャラヒ・ワートン
17歳~19歳。
とある世界のとある国の財閥、ワートン財閥の御曹司。次男。
15歳のときに、街に蔓延っていた裏の行商人たちを抹殺し、スラム街の子供たちを束ねてギャングを作ることで、街のスラム問題を解決した。
その後、ジャラヒの行動をよく思っていなかったワートン財閥総帥の手により、組織は破壊、子供たちは惨殺され、復讐を決意し、街から脱出。
必要とあればどこまででも非情になれる男。
父の追手から逃げているときに、リオディーラに助けられ、それ以来、リオディーラを助けるために一緒に旅をしている。
非情な男だったが、リオと触れ合ううちに軟化し、身内には甘いお人好しな一面も見せる。
身内の中でもリオは別格で、普段ははそうは見えないが、内心リオのためなら命を捧げるのも厭わない。
ロイのことはいけ好かない男と嫌ってはいるが、その腕は認めている。

ドロシーは元乳母。ぼっちゃんをしていた自分の過去を知っているため苦手に思っているが、リオに次ぐ身内の筆頭で、彼女に危険が及ぶのを許さない。
突然護衛するとやってきたダリアのことは、怖いやつだと言いながら、女の子として接している。幼いころ身につけたフェミニストぶりを見せる。
ドロシーやダリアの二人の女性に守られるというハーレム主人公な立場だが、その御蔭で女難な苦労性。
周囲に振り回されている。
頭の回転は早く、周りをよく見ているので、とても気が利く。処世術に長けている。
が、調子のいい上辺のために、人に警戒されることも多い。


【これまでの軌跡】
5期前
リオディーラに助けられ、彼女と共に旅に出る。
途中、リオがロイを召喚し、いけ好かないロイと喧嘩を交える。

5期、6期
はじめはブリアティルトに馴染めず、どうやったら戻れるのかと思案していたが、過ごすことでこの地を気に入り始める。
オーラムのストーリー上のとあるキャラクターの死に衝撃を受けるが、気にしてない風を装うリオを見て、サポートするから好きに旅に出てこいとリオを送り出す。

7期
リオを送り出し、メインになると思いきや、メインはドロシーというメイドがおさまっていた。
十数年前ジャラヒの乳母をしていて、今もぼっちゃんぼっちゃん!とジャラヒを慕うドロシー。
突然現れ、ジャラヒの父にジャラヒを護衛するように言われて来たという謎の暗殺者ダリア。
二人に囲まれて、なんとか赤雫☆激団の基盤を作る。

8期
赤雫☆激団を任せろと言うロイを面白くなく感じつつも、リオディーラに、一緒に旅をしようと言われ、喜んできらめき隊に。
正体を隠しながらサポートしろというわけのわからないロイの願いを聞きつつ、眼鏡で変装しながら、なぜか幼くなったロイをサポートする金髪の怪しいおにいさん。

9期
メインキャラに。
リオディーラとロイが、何か二人でこそこそとやっていることに気がついたジャラヒ。
面白くないジャラヒ。彼女を応援したい気持ちと、ロイへの嫉妬で揺れる。
もっと献身的に尽くしたいのにそうなれなくてイライラする。
ロイからは、リオに近づくと良くないことが起こると忠告されて、一層ロイと仲が悪くなる。
そのうちジャラヒは、そのなりたい献身的な気持ちはドロシーのまね事だと気がつく。
自分に素直になることに決めたジャラヒは、ドロシーに自立を宣言し、リオの元に向かう。
リオのもとに向かい、自分の気持をリオに話す。
リオはその気持を喜び、幸せになって、エンディングを迎えることになった。

10期
突然消えたリオを追ってさまよう。その間、ジャラヒを殺すと息巻くダリアから逃げる。
リオの手がかりは、自分の元いた世界にあると思い、元の世界を戻すが、黄金の門は開かず、異世界を飛ぶ力を持つロイの力を借りることに。
戦闘になるが、結局ロイと和解。ブリアティルトに来て、ダリアを助けていた親友セリラートと再会し、元の世界へ。
元の世界で父親と対決。
リオの物語を入手。
ブリアティルトに帰還して、ダリアと、ジャラヒの兄、ジェラルドと対面。ジェラルドは、母ジェインの名を名乗っていた。
ジェラルドから、リオの本当の正体や、自分の出生を聞き、衝撃を受ける。
が、それを受け入れ、ジェラルドを撃退する。

11期
ロイの力でリオが幼児になって復活。
ロイと共に子育てをする。
だんだん成長するリオに戸惑うジャラヒ。
このまま育ててどうするか、悩むジャラヒの出した結論は、子供のリオディーラはそのままに、消えたリオを尚も追うというものだった。

jarahe5-.jpg
jara6.jpg
jara-11ki.jpg

jarahi11.jpg
jara-12.jpg

jarahi12.jpg

tag : ジャラヒ

2013-08-15 : 登場人物 : コメント : 0 :
Pagetop

【人物】岸辺ロイ

岸辺ロイ
18歳~20歳。
その正体はレメゲトンの魔神72柱が1柱。29番目の魔神、主計長官アスタロト。
そしてそのまた正体は、ただの男子高校生。
色々とあって、順応適応力が異常に高い。
そのため、胡散臭く見られがちだが、ただのめんどくさがりの高校生。
高校1年の16歳の頃、異世界に召喚されて、魔神の力に目覚め、その世界を救った経験を持つ。
その時に知り合ったシアンと恋仲になる。

その魔神の力は大きく分けて3つ。
ひとつが異世界や時空を行き来できること。ただし水曜日に限る。
もう一つが、過去や未来を自由に見ることができること。
3つ目が、契約を交わした人物の「勝利」を約束すること。
この3つの力を真に使おうとするには、3種の姿になる必要がある。

1つ面の空間時空を超える力を得意とする魔神アスタロト。普段の姿。
2つ目の過去や未来を見通す姿を真に得意とするのは魔女アスタルテ。黒髪の女性の姿。
ロイは、初めて2つ目の姿になったときに、とある魔神に騙されて、夫と子どもを持つはめになっている。
3つ目の勝利を約束する姿が勝利の女神イシュタル。金髪女性の姿。

3つの姿を合わせて「岸辺ロイ」だが、1つ目の普段の姿以外は認めたくないと思っている。

力のイメージは蛇。
アスタロトの力の具現化が蛇であるが、普通の高校生をしていたときから、蛇とは心を通わせることが出来た。


彼の元々の気質か、魔神としての特性かはわからないが、力への執着が激しい。
一見隠しているが、強くなることへのこだわりは異常ですらある。

生まれは孤児。小学生の頃、剣道の道場主をしている養父に引き取られ、剣の道を学ぶ。
養父母に報いるため、義理の妹や弟を護るため、そしていつか独り立ちをするため、独立心が強く、もっと強くありたいという気持ちをずっと持っている。
厳しく優しい養父母に育てられ、斜に構えるところはありながらも、素直に育った。
中学では生徒会長を務め、高校では1年生にして副会長を務めている。
外面はとてもいいが、反対に溜まった鬱屈したものを剣道で発散している。
そんな中、召喚された異世界で、様々な経験をし、成長を経て、今の余裕を持てるようになった。



ブリアティルトに来る少し前に、リオディーラが拾った魔導書から召喚され、彼女に力を貸すことになる。

【今までの軌跡】
5期6期
リオの元で力を貸す。
ジャラヒとは馬が合わず、喧嘩ばかり。いつも余裕をみせるロイも、ジャラヒと喧嘩しているときは歳相応に見える。
リオの元で力を振るう間、元の世界の魔神の力が、上手く使えないことに気がつく。
おそらく、ブリアティルトにある世界各地の力と、魔神の力が噛み合わず、順応できてないのだと気がつく。
そして、力を振るうため、とある計画を考えることに。

7期
実家に帰省中。
異世界にて、シアンやルウィンを説得。
7期終わりに、ブリアティルトに戻り、リオを説得して、8期のメインを務めることに。

ただし、自分がそのままメインになるのではなく、16の魔神の力に目覚める前の自分が行くということ。
その自分は頼りないかもしれないので、助けてほしいということ。
しかし、リオのことはもちろん知らないので、隠れて変装して、付かず離れずでいてほしいことを約束。
これは、自分のやりたいことでもあるが、リオの目的を叶えることにもつながるということ。


8期
メインキャラ。他の世界で仲のいい、シアンやルウィンを引き連れてブリアティルトに。
今までのロイではなく、16歳の真面目な外面の良いロイ。力には目覚めていない。
力に目覚めていないときからブリアティルトにいて、触れることで、魔神の力をブリアティルトに順応させるため。
結果、初期ステータスからブリアティルト仕様に鍛えられたロイになることに成功。16歳のロイと同化し、力を取り戻した元のロイに戻る。
そして、もう一つの目的も遂げる。
それは、魔神の力で見た時に、途切れていたリオの未来を救うこと。
なぜかリオは、この8期で死ぬことになっていた。
魔神の力を強くし、出来たらリオを救うのが8期のロイの目的だった。
しかし、リオと懇意にすると、彼女の不可思議な影響を受け、魔神の力になにが起こるかわからないので、彼女には付かず離れずの距離でいるように頼んでいた。
元の力を取り戻し、リオを助けに向かうロイだが、目的地にいたのは何故か幼い頃のリオだった。
リオを助けるのに成功。するとリオは、ロイを指し、輝く星の人と言う。
リオの探していた輝く☆の人はロイなのだろうか。


9期
リオに頼まれて何かを探っている。
その中で、リオの正体に感付き、今後の展開を予測し、ジャラヒにリオに近づくなと忠告する。

10期
リオが消えたことにより、赤雫☆激団はロイが作ったことになる。
しかし、ロイはその記憶が間違いなことに気がつく。
魔神である自分すら記憶の齟齬を生じさせたその現象に、腹をたてたロイは、真の力を発揮する決意をする。
手始めに、ジャラヒと和解し、ジャラヒを元の世界に返し、リオを復活させる準備を施す。
そののち、魔神の力を最大限に発揮し、魔力が最大限に高まる魔女の姿で、リオを復活させる。

11期
魔神の力で女性の姿を保ちつつ、子どもとして復活したリオに魔力を注ぎながら、ジャラヒとともにリオを育てる。


roi5-.jpg

redroboysroi.jpgroi3-icon.pngroi2.pngroi4-icon.png
ChibiMaker3.jpgchibidotroi.png

tag : 岸辺ロイ

2013-08-05 : 登場人物 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

赤雫☆激団

Author:赤雫☆激団
英雄クロニクル サクセスサーバー
オーラム国の赤雫☆激団です

カテゴリー

タグリスト

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR